千草福祉会立 認定こども園 垣花こども園 垣花児童クラブ

みんな一緒に、わきあいあい。
ひとりも置いてけぼりをつくらないことを、私たちは心にとめて目指しています。

子ども達の成長に合わせてゆっくりと。
自然に恵まれた環境のなかで、ていねいな学びの時間を育みます。

隣には、少し年上のお兄ちゃんやお姉ちゃん達がいるので
花っ子達は、年齢の垣根をこえて、いっしょに小さな達成感を積み重ねていきます。

地域とのつながりを大切に。
この園に集う子ども達、ご家族に寄り添いながら、一貫して子ども達の成長を見守ってまいります。

「すこやかに のびのびと やさしく」

子どもひとりひとりは、家族の宝です。
心身共に健康で子どもらしくのびのびと、思いやりのこころを持って、誰にでもやさしくできる心を育みます。

  1. 花っ子は、進んで元気なあいさつをします。
  2. 花っ子は、忘れ物をしません。
  3. 花っ子は、ていねいな言葉をつかいます。
  4. 花っ子は、廊下や階段を静かに歩きます。
  5. 花っ子は、時間を守ります。
  6. 花っ子は、お手伝いを毎日やります。
  7. 花っ子は、履き物をきちんとそろえます。
    (うわばき、くつ、トイレのスリッパ)

毎朝、子どもたちが「行きたい!」と、元気に通う保育園を目指しています。そのためには何よりも、すこやかな心、からだが育つことを第一に考え、当園では、子どもたちがワクワクと興味を持って主体的な遊びと活動で、ひとりひとりの個性が花ひらくように、子どもたちの成長の芽となるいちばん大切な時期を、おかあさん、おとうさんと一緒に見守ります。

  1. 生きていくための力、基礎力(基本的な生活習慣や考える力・健康・好奇心・思いやり)を遊びのなかで楽しく学び身につけます。
  2. 子どもが安定して、楽しく自ら積極的に関わっていくことができるよう、幼児理解に努め、教育及び保育効果を高める環境づくりや施設設備の充実を図ります。
  3. 体内リズムを整え、心と身体を共にすこやかにし、たくさんの楽しい体験や遊びを通して、子ども達の可能性を広げ、のびのびと育みます。
  4. 和気あいあいとした雰囲気のなかで育ち、この世界を「いいところなんだ」と自分自身を前向きに捉え
    (自己肯定感の芽生え)、ひとや動植物に対してやさしさと思いやりの心を育み、園生活に必要な生活習慣や正しく丁寧な言葉づかいと態度を学びます。
  5. 小学校や保護者、地域コミュニティとの信頼関係を築き、協力しながら子どもの成長を見守ります。

趣味:散歩、お酒

ゆったりとした環境の中で、子ども達ひとりひとりと接する時間を大切にしています。
小学校の運動場を貸していただいたり、こども園と小学校との地域の連携はとても強いと思います。日頃の保育では、その子の個性に合わせて、小さな達成感が積み重ねられるように褒めて伸ばすことを目指しています。

  • 保育園の子どもたちと接するときに心がけていることは?
  • クラスは、1日の過ごす時間帯が異なる1号さん、2号さんがいます。初めて集団生活を体験する子ども達もいるので、慌てず無理のないように「一人も置いてけぼりがないように」ということを心がけています。まずは、生活習慣から整えていきながら、成長に凹凸のある子ども達も一緒に、落ち着いた環境の中で過ごせるようにお互い顔の見える園でありつづけたいですね。
  • 児童クラブの子ども達と接するときに意識されていることは?
  • まずは、子ども達を褒めて伸ばすことを大切にしています。もし、間違ったことをしたり、乱暴な言葉を使ったりするようなことがあれば、その時にはしっかり注意したり、叱ったりできる存在でいたいですね。ただ感情的に怒るのではなく、子どもの成長を伸ばしていくために叱ることを意識しています。そして、子ども達がいつでも相談できるように、居場所を作っていくことを忘れてはいけないと思います。
    それから、子ども達が自由に自分で考えながら、自発的に学べる環境を作っていきたいですね。

趣味:音楽鑑賞

外遊びや、ボードゲームなど、子ども達と一緒に遊ぶ時間は、いつでも真剣勝負!遊びを通して、どんどん成長していく姿がみられて、とても嬉しいです。広々とした小学校の運動場も使わせてもらっているので、子ども達はのびのびと遊べています。当園は、少人数の子ども達と、ゆとりをもって向き合えるので、細かなところにも目が行き届くように努めています。

  • 子どもたちと接するときに心がけていることは?
  • どの子も平等に接するようにしています。一斉指導のなかで、ゆっくり成長する子どもに目がいきがちなのですが、一回できちんと指示を聞いてできる子どもにも目を留めて、褒めるようにと。ひとりひとりを分け隔てなく認めてあげるように、心がけています。
  • 垣花こども園のクラス分けは、どうされていますか?
  • 当園は、対象年齢が4〜5歳ですが、幼稚園と保育園の役割をしています。大きく分けると、1号認定と2号認定のクラスです。1号認定の子ども達は午後2時まで。2号認定の子ども達は、午後6時半頃までお預かりしています。朝8時から午後2時までは、どちらのクラスも外遊びや室内遊びといった教育の時間となっています。

すこやかに・のびのびと・やさしく
「よく遊び、よく学び、よく考え、誰にでも分け隔てなく優しくできる子」

学童での時間を活用して好循環サイクルを作りましょう
宿題(最低7割完)→戸外遊び(目標1時間)→室内遊び(宿題残り3割)→帰宅
→就寝(21:00)→起床(6:30)
戸外遊びで身体を十分に動かすことにより、余分な力やストレスを発散し、落ち着いて
室内遊びや宿題に取り組むことができます。また、体力をたくさん使うことで早めの就寝を促し、十分な睡眠がとれるので、早寝早起きにもつながります。


【開所時間】
平日 11:30〜19:30
土曜日8:00〜17:00(原則、お仕事の場合は利用可能となります)
長期休暇等 8:00〜19:30
※新一年生及び新入園児については、4/1〜4/3の3日間は原則14時のお迎えとさせていただきます。但し、年度によっては休日等で日にちが前後する場合があります。

趣味:テニス

今は、こども園の保育補助をしながら、子ども達が午後2時から3時頃に小学校から帰ってくると、児童クラブで子ども達の保育をしています。放課後に宿題をやっている子ども達の成長を日々感じながら、できなかったことができる喜びを一緒に体験することが、何よりも嬉しいです。

  • 子ども達と接していて、どのような時間が楽しいですか?
  • 小学校と併設していますし、子ども達がとてものびのびしているなと思います。今は小学校1年生を主に見ていますが、去年こども園で見ていた子ども達をエスカレートで見ている形になるので、子ども達の成長が見られて嬉しいです。足し算引き算など、寄り添って教えることもあるので、できた!と子ども達の報告を一緒に喜べたりすると楽しいですね。今後は、できればイベントなどを少しずつ増やして、子ども達が自分達で考えた企画などをサポートできるようにしていきたいです。
  • 垣花児童クラブで、今後やってみたいことはありますか?
  • キャリアのある先生方の保育を学びながら、やってみたいことを打ち明けやすい環境なので、いろんな企画を提案していきたいですね。子ども達がやりたいと思っていることをのびのびと実現できることに、どんどん挑戦していきたいです。自分が小学校の時を振り返りながら、体験できたらきっと楽しかっただろうなというものがあるので、それを今の子ども達にも仲間との交流を通して、体験できる機会を作りたいです!

アクセス

千草福祉会立
那覇市認定こども園

垣花こども園/垣花児童クラブ

那覇市山下町17−55
098−851−7230